婚活アプリの審査基準について。男女別に審査の詳細を紹介します☆

婚活アプリの審査ってどうなってるの?

・婚活アプリって気軽にできるけど、本当に安全なの?
・結婚相談所のように、面談みたいなのがないから本気じゃない人もいそう・・・
・遊び目的で登録していたら嫌だなぁ・・・

 

婚活アプリは、20代後半から60代と幅広い年代の方に気軽にできると今評判なのです。でも、気軽にできる分、

 

・安全性について
・結婚詐欺などの犯罪の心配
・サクラじゃないのか?

 

と不安になりますよね。でも大丈夫!最近の婚活アブリは【気軽に利用できるけど、登録の際に審査が必要】なのです。アプリよって審査基準はさまざまですが、一体どんな審査があるのでしょうか?【男女に違いがある!?婚活アプリの審査基準・必要な情報など、婚活アプリの登録基本をレクチャーします♪】

 

婚活アプリで落とされないために!はじめに知っておきたい審査について

以前までは、SNSの連動性を重視したアブリ、結婚情報サイトが運営するものなどが主流でしたが、最近では審査制の婚活アプリがトレンドのようです。身元をしっかり確認して、サクラや業者じゃないのかを見極めてくれています。その分、利用者が安心してスタートできて、出会いも探しやすいということなんです♪さて、その気になる審査基準!男女別の審査やポイントなどをまとめました。

 

【その1 Face bookを利用しているか】

Facebookは、本名登録が必要なアプリです。生年月日や出身地を登録して、同級生などと繋がりやすくするものなので、身元の確認はしやすいですよね。ツイッターやmixiなど、匿名性が高いものに比べて、Facebookは信憑性が高いのでまずはFacebookに登録していることが原則であるとか。小・中同じ人が友達登録されていると、さらに確度は高まりますよ♪

 

【その2 男性の場合、年収が高めでないと入れない可能性あり!】

婚活アプリには、年収の入力項目があります。アプリによってさまざまですが、

 

・〜200万
・200万〜400万
・400万〜600万

 

と、細かく分けられているアプリもあれば、

 

・〜500万

 

と、500万以下はもうひとくくりになってしまっているアプリも!(厳しい〜)出会い系サイトと違って、結婚相手を探すためのものなので、男性の年収額は審査の重要なポイントとなるのです。アプリによっては、500万以下では審査から落とされてしまうタイプのものもあるとか!

 

【その3 スタッフではなく、利用者がプロフィールを見て審査するタイプもある】

登録審査と言えば、運営しているスタッフが

 

・写真
・生年月日
・名前
・所在地
・免許証

 

などを確認し、本当に本人かどうか?を確認します。本人としっかり確認できれば登録ができますが、最近のアプリでは運営者じゃなく、実際使用しているユーザーがプロフィールと顔写真をチェック、【新たに登録しようとしている人ですが、どう思いますか?】といった形式で投票します。7割以上の人が【あり】と答えれば登録できるといった新しいパターンのアプリも!でも、【7割以上の人が自分のことをアリと言ってくれた=このアプリでいい人と出会える可能性が7割以上はある】と判断できるので、安心する人も!

 

【その4 女性の方に多いのが写真の盛り過ぎによるNG】

「せっかくだったらキレイな写真がいい!」と思って、美肌や加工ができるアプリを使用して掲載しようとする方がいます。ちょっとまった!これでは落とされてしまう可能性があります。少しでもキレイな写真・かわいい写真をアップしたいのはわかりますが、一昔前の婚活アプリと違って、最近は結構厳しいです。きちんと通常のカメラで撮影しましょう。
【その5 男女で審査基準はそこまで大きく変わらない】
婚活アプリは、そのコンセプトによって大きく審査基準は変化しますが、基本は身元確認ができれば登録できます。よって、【男性だとこれがないとNG】、【女性だからここの項目がないとNG】といった差別化は特にないです。しかし、婚活アプリのテーマに沿った人物でなければ審査は落とされてしまいます。要注意!

 

●ハイスペックの男性を集めたアプリの場合●

女性の基準は比較的容姿端麗であれば通ります。美人系・ほんわか系・天然キャラ系など、ひとまず【第一印象が好感が持てる女性】なら大丈夫です。しかし、男性は年収が600万以上あるor職業が人気職種か?(IT企業、開業医、代表取締役etc・・・)エンジニア・大手企業営業・コンサルタントはイケメンであれば、通る可能性あり!600万円でも正直微妙な場合もあります。ここで審査に通すためには

 

・詳細なプロフィールを記入すること
・写真は必ず全身のせる
・似顔絵はNG

 

【その6 プリクラは男女共に落とされる可能性大!】

実際、婚活アプリの審査基準で落とされる方のほとんどが【プリクラを使用】でした。その4で紹介したとおり、盛り過ぎに認定されるからです。全身写真で気軽に撮影できる&キレイに見えるので使いたい気持ちは分かりますが、合コンや出会い系と違って、真剣な場所なのでしっかり全身が写るように撮影しましょう。どうしても加工したい!という人はスタンプを1個か2個つけるくらいならギリギリ通る可能性はあります。

 

●まとめ●

・婚活アプリの審査はあるが、【アプリによって厳しさが違う】
・身元確認と基本情報がベースだが、【男性の場合、年収や職業によっても落とされる】
・共通して審査落ちする項目のほとんどが【プリクラや加工しすぎの写真だった】
・写真をどうしても加工したい場合は【周りにスタンプを2個くらいまで】
・写真に自信がない場合は【旅行先で撮った楽しそうで自然な笑顔が出ている写真だと印象が良い】
・男女によって審査基準は【アプリによって違うが、基本的に変わらない】

 

【しっかり審査を通った人しか利用できないのが婚活アプリ】。だからこそ、最近登録者数が急増しているのかもしれませんね。真剣にお付き合いできる人を探している方ばかりが集められた世界なので、イタズラや暇つぶしといった悪意のある人が、ほとんどいないのも登録審査のお陰なのかも!?自分がどんな相手と出会いたいのか?を考えてアプリを選ぶと良いかも?ハイスペックな人ばかり集まる人のアプリだと、審査基準はぐっと上がります。【ちょっと興味がある】という人は、登録審査だけでもまずは挑戦してみて下さいね♪

 

審査とかが少ない婚活アプリランキング⇒