結婚アプリで出会って結婚!そんな夫婦が意外と多いって知ってます?

結婚アプリで出会って結婚!そんな夫婦が意外と多いって知ってます?

婚活をしているとうまくいかないことも多いので、本当に結婚できるのか不安になることもあるかと思います。
でも、安心してください!
婚活アプリなどを利用して出会ったカップルが結婚する確率って意外と多いんですよ。
婚活サービスを利用した人の結婚率や、その利便性などを知って今後の婚活に役立てて頂ければ幸いです。

 

婚活アプリを利用して結婚する人増加中

婚活アプリやサイトを利用する人の数は年々増加しており、それに伴って成婚率も上がってきています。
実際に、どれくらいの人が婚活アプリなどを通して結婚しているのか、リクルートマーケティングパートナーズによる婚活実態調査の結果をご紹介します。

 

婚活サービスを利用して結婚した人の割合

その年に結婚した人の内、婚活サービスを利用して結婚した人の割合は、
・2013年:4.7%
・2014年:6.7%
・2015年:8.3%
と、年々順調に増えてきています。
2015年の結婚率では、婚活サービスを利用した人の割合のほうが、SNSのコミュニティや合コンなどに参加した人の割合よりも高いのです。
また、婚活サービスを利用した人の内、結婚した人の割合は、
・2013年:20.8%
・2014年:23.8%
・2015年:27.6%
となっています。
つまり、2015年の時点で、婚活サービスを利用した人の1/4以上が結婚できているということなのです。
これはかなり高い確率ですよね。年々増加していることからも、今後の結婚率がますます高くなることが期待できますね!
全体の結婚率が減少している中、婚活サービスを利用している人の結婚率が上昇しているのはすごいことだと思いませんか?
婚活サービスを利用している人は、全体で見るとまだまだ少ないですが、今後利用したいと思っている人は多いのです。
婚活サービスを利用しているけどいいご縁がないという人も、これからいい人に出会える確率は高いですよ。

 

婚活アプリは時代のニーズに沿ったサービス

婚活アプリは、まだまだ歴史の浅いサービスです。
アプリを使ったことがない人にとっては、結婚のツールとしては否定的になるかもしれません。
でも、婚活アプリは時代のニーズにぴったり沿ったサービスで、活用されるのはごく自然なことなのです。
時代によって変化する結婚に対する意識と共に、進化していった婚活サービスの流れを見てみましょう。

 

婚活サプリは結婚相談所の延長

アプリができる前は、パソコンの婚活サイトや結婚相談所を利用する人も多かったでしょう。
ただ、結婚相談所は入会するだけでも高額な費用が必要だったり、わざわざ足を運ばなければいけないので敬遠する人も多かったのです。
もちろん、婚活アプリの内容は、結婚相談所のサービスより簡易的ですが、スマホが普及したことや、どこでも利用できる手軽さなどから急速に利用者が増えてきています。

 

もともと婚活サイトだけを利用していた人や、SNSなどを利用していた人は、それらと連動できる婚活アプリの利便性を感じていることでしょう。
アプリによって、いつでもどこでもメッセージをやり取りしたり、忙しい人がちょっとした合間に婚活できるようになりました。

 

 

結婚する手段の変容

 

1.昔はお見合い結婚が主流
昔はお見合い結婚の割合が高く、恋愛結婚の割合はごくわずかでした。
当時は女性は家に入るものであるという考え方や、親が決めた家同士の結婚なども当たり前の時代だったからです。
女性は外で働く機会が少なく、家事をして旦那さんに養ってもらわなければならなかったのです。

 

2.恋愛結婚が増えたけれど・・・
現代になると、女性の社会進出が進み、男女の自由恋愛と自由な結婚が広まっていきました。
社内結婚が増え、より豊かな生活のために共働きする人も増えました。
また、景気の変動によってこどもを育てるための経済状況が厳しくなったり、仕事に追われて結婚する余裕がない人も増えてしまいました。

 

3.結婚率の減少と共に見直されるお見合い結婚
そして今、結婚率は減少していき、またお見合い結婚が見直されています。
その原因はさまざまですが、男女とも結婚しなくても生活できるという点も大きな要因でしょう。
たとえば、女性は家に入って家事をして男性に養ってもらわなくても、自立できるようになりました。
男性は、コンビニや24時間営業のお店の普及、便利な家電製品などによって、自分で家事をするのが容易になりました。
「結婚しなくても1人で暮らせる」「結婚以外に興味のあるものが多い」「仕事に集中したい」などの理由から、結婚に関する意欲が減ってしまったのでしょう。

 

でも、自由度が高いと迷いも生じやすくなります。
いざ、結婚したいと思った時には、身近に適齢期の異性がいなかったり、どうやってアプローチしたらいいかわからなかったり・・・。
そうしている間に結婚年齢は上がり、少子化の問題も持ち上がり、適齢期を過ぎてから結婚に対する意欲が復活する人も少なくないのです。

 

4.現代のニーズに合った婚活アプリ
今思えば、自分で相手を見つけなくても、強制的に相手を決めてくれるお見合いは、合理的だったのかもしれませんね。
でも、今では婚活サービスが充実しています。
当時のお見合いのような強制力はありませんが、「結婚したい」という目的をもつ男女が集まりやすいので、ナンパや合コンなどより効率的に結婚相手を見つけるのに役立っています。

 

 

婚活アプリは現代風の自由なお見合い

ネット上の婚活サービスや婚活アプリに否定的な人は、「現代風の自由なお見合い」であると考えてもらえば納得してもらえるかと思います。
恋愛観や結婚観は、時代や景気によって変動するものです。
昔のような強制的なお見合いではなく、条件や趣味嗜好が合う人を探せる婚活サービスは、これまでのどんな結婚手段より合理的で有効な方法ではないでしょうか。

 

 

リクルートマーケティングパートナーズによる婚活実態調査

 

 

トップページへ